番外編|お土産のイカの塩辛 王様の塩辛 不思議な味の正体

静岡のお土産

今日は自分で作った肴ではなくお土産で頂いた一品です。熱海?、小田原?どちらのお土産屋さんで買ったかはよくわかりませんが、行った方向はそちらの方で、帰りに買ってくれたお土産です。箱根駅伝でよくカメラに映る小田原で有名なカマボコも一緒に頂きました。で、これだけではわざわざここに書いたりしませんよ( ´艸`)。

商品には「水産庁 長官賞 受賞」と記しているくらいなので、有名な塩辛?かなと思いつつそのイカの塩辛を食べたとき??? 何か普通の塩辛と違う!ただの酒飲みの私には上品すぎるというかハイカラな味(爺的表現)?と言うか表現が難しいのですが、塩辛!と、言えば塩辛、イカの出汁漬けと言えばそんな感じ。

出汁漬けと言えばカツオの塩辛の酒盗は大好きでよく買うのですが、これはこの辺(小田原)の出汁で漬けてあるカツオの塩辛。千葉県に多い完全塩漬けのカツオの塩辛(桃屋さん)も美味しいのですが、好みの問題で、私は小田原系のカツオの塩辛(酒盗)が好きです。イカの塩辛は普通の塩多めが好きかも。

で、話は戻りますが、このイカの塩辛の香りと言うか出汁の正体はなんと、

「オイスターソース」でした。これは単に商品の裏ラベルに記してあっただけで、どんな製法等は全く分かりません。ただ、何か違う!何か塩辛にしては上品すぎる!と、思った味付けの正体は多分、たぶんですよ、オイスターソースですね。

呑兵衛の私が勝手に思うには、この商品は塩辛が嫌いで食べない人でも食べられると思います。商品名に塩辛と付けないで、何か別のイメージがわくような商品名がいいと思うのですが、そうすれば塩辛が嫌いな人も間違って?ではなく、変わったイカのおつまみ肴として、お土産で買っていくかも。実は塩辛が嫌いな人間(女房)に、塩辛じゃないから食べてみなといったのですが、塩辛と書いてあるし無理でした。頂いた方にお礼、お土産ありがとうございました、ごちそうになりました。

( ´艸`)


水産庁 長官賞 受賞

水産庁 長官賞 受賞のラベル

商品名は「王様の塩辛」

王様の塩辛

塩辛本体

塩辛