焼かなくても良い肴になるけど、、、イワシのネギみそ焼き

漁師料理

イワシをおろすのが面倒な方は、スーパーでおろして売ってる刺身用のイワシを使ってください。値段的にはそんなに変わらないと思います。たぶん。

イワシの味噌たたき焼きですが、たまたまテレビを見ていたらこの料理のことを「漁師焼き」とか「船上料理」とかいうそうです。漁師さんが仕事の途中の飯のおかずに飽きないようにしたイワシ料理と言っておりました。

作ってる途中で、このまま刺身状態で良いのでは?と思うほど、ネギと味噌とイワシは相性がいいですね~~。味噌たたきは一般的にいうナメロウってやつですが、鯵でも合いますし、もともとのナメロウ元祖と言われるトビウオも美味しいです。ただ、焼くとなると脂が有るイワシが美味しいような気がします。鯵は味噌茶漬け(お湯でもお茶でも)が旨いですよ。載せた気がするのですが無かったら今度作ります。


イワシのネギみそ焼き 

俗に申しますナメロウ焼き

飽きない酒の肴 おつまみ イワシナメロウ(味噌たたき)焼き

イワシの尾の部分を切ります。

上にも書きましたが刺身用に作ってるのイワシを

スーパーで買っても良いと思います

はらわたを取って、エラの部分を回すように包丁を入れ

イワシ刺身

 頭をゆっくり引っ張ると小骨が全部抜けます

ダメなときは指で骨を頭の方から尾の方へ少しずつなぞるよう取っていくと、取れる!はずです、が、ダメな場合は、切れた所から骨をもって尾の方へゆっくり、繰り返しです

イワシ刺身

右手で(反対でも良いですよ)いわしの頭をつかんで左手で本体を押さえて若干反対方向へ送り出す感じで骨を抜きます。こうして抜くと小骨も全部とれます。ただ、途中で骨が切れた場合(たぶん初めでだと切れると思います)どうせたたきにするので、何とか切れた骨を(タオルを使っても良い)つかんで最後までやってください。包丁を使うと小骨が残ってしまいます。後書きでイワシの開き方を書きます

こんな感じになります。そして腹の皮をとりますと

骨を抜いた後の画像

腹の皮をそうじ

イワシの皮をむきます。指を身と皮の間に入れて引っ張るとすぐに取れます。さっきの骨よりははるかに簡単

いわしの皮をひく

味噌とネギを用意です。

わさび醤油の刺身でも良いですね

ネギと 味噌 イワシ 準備

今回はたたきます。上にも書きましたが、刺身用のイワシパック詰めを買ってここから始めても良いと思います

イワシのたたきにする画像

味噌を入れてたたきます※お好みで生姜もどうぞ

ネギと味噌を加える画像

こんな感じになります。

このまま一杯やりたいくらいです

とりあえず イワシのナメロウの完成

これに片栗粉を揉みこんでフライパンで焼く

なめろうに片栗粉をまぶす

分かり易く言うといわしハンバーグです

フライパンで焼く

焼き上がりの画像

ナメロウ焼き完成

浅漬けは立派な草食料理?かも・・・

 浅漬けは良い肴ですよ

浅漬けはいろいろできるので楽しみな素材です。今日は、ナスと人参、そして意外にも美味しい豆苗です。豆苗はいついっても98円のありがたい野菜です(うちの近くのスーパー)

これだけでご飯と言うのはちょっと寂しいですが、食卓の片隅にあるとちょっと彩も有りで楽しく美味しい一皿になると思います。

見ての通り難しさは何もありませんが、一応流れ的に書いてみました


豆苗 ナス 人参の浅漬け

草食料理 豆苗 ナス 人参の浅漬け

材料

豆苗は使いかけです

( ´艸`)

浅漬けの材料

お好みの大きさに切ります

豆苗はバラバラになると

盛り付けにくいので

輪ゴムでちょっととめました

浅漬けの材料を切る

袋に入れて漬け込みます

漬け込みます

皿に盛って浅漬け完成

簡単ですが、おかずとしても

良い感じの草食料理です

浅漬け完成

レトルト使用ですが・・・豚バラと小松菜の煮物

  豚バラと小松菜

豚バラを入れたことによって思った以上に甘みが出ました。で、途中で味見をした結果⇒麺つゆをきも~~ち、本当に少々追加、大変よくできましたになりました。レトルト食品は手抜き用ではなく立派な調味料です。ん?ちょっと物足りないと思った時は何かあを足して味を調えていけば楽しい料理がいっぱいできると思います。


キッコーマン|厚揚げのみぞれに煮+豚バラと小松菜完成

材料 左上にあるのは豚バラと小松菜です

材料

最初に豚バラと厚揚げ(家は絹揚げ)

火が通ったら小松菜です

具材を炒める

良い感じで全体に火が通ったら

最後にレトルト投入

具材を炒める

上にも書きましたが、豚バラが入ったことによって

甘くなったので、

レトルト投入後に麺つゆを気持ち少々追加です


完成です。パッと見薄そうですが、しっかりと味が付いてます。私の写真は全くの素人撮りですのでいきあたりばったりで光の加減等はわかりません。そのせいでちょっと薄く見えるかもしれません。

キッコーマン|厚揚げのみぞれに煮+豚バラと小松菜完成

番外編|お土産のイカの塩辛 王様の塩辛 不思議な味の正体

静岡のお土産

今日は自分で作った肴ではなくお土産で頂いた一品です。熱海?、小田原?どちらのお土産屋さんで買ったかはよくわかりませんが、行った方向はそちらの方で、帰りに買ってくれたお土産です。箱根駅伝でよくカメラに映る小田原で有名なカマボコも一緒に頂きました。で、これだけではわざわざここに書いたりしませんよ( ´艸`)。

商品には「水産庁 長官賞 受賞」と記しているくらいなので、有名な塩辛?かなと思いつつそのイカの塩辛を食べたとき??? 何か普通の塩辛と違う!ただの酒飲みの私には上品すぎるというかハイカラな味(爺的表現)?と言うか表現が難しいのですが、塩辛!と、言えば塩辛、イカの出汁漬けと言えばそんな感じ。

出汁漬けと言えばカツオの塩辛の酒盗は大好きでよく買うのですが、これはこの辺(小田原)の出汁で漬けてあるカツオの塩辛。千葉県に多い完全塩漬けのカツオの塩辛(桃屋さん)も美味しいのですが、好みの問題で、私は小田原系のカツオの塩辛(酒盗)が好きです。イカの塩辛は普通の塩多めが好きかも。

で、話は戻りますが、このイカの塩辛の香りと言うか出汁の正体はなんと、

「オイスターソース」でした。これは単に商品の裏ラベルに記してあっただけで、どんな製法等は全く分かりません。ただ、何か違う!何か塩辛にしては上品すぎる!と、思った味付けの正体は多分、たぶんですよ、オイスターソースですね。

呑兵衛の私が勝手に思うには、この商品は塩辛が嫌いで食べない人でも食べられると思います。商品名に塩辛と付けないで、何か別のイメージがわくような商品名がいいと思うのですが、そうすれば塩辛が嫌いな人も間違って?ではなく、変わったイカのおつまみ肴として、お土産で買っていくかも。実は塩辛が嫌いな人間(女房)に、塩辛じゃないから食べてみなといったのですが、塩辛と書いてあるし無理でした。頂いた方にお礼、お土産ありがとうございました、ごちそうになりました。

( ´艸`)


水産庁 長官賞 受賞

水産庁 長官賞 受賞のラベル

商品名は「王様の塩辛」

王様の塩辛

塩辛本体

塩辛

ただ盛り付けただけですが奇麗 信号機サラダだね

信号カラー 

 青(緑)、黄色、赤、まさしく信号機そのものの色合いです。さすがにこれでご飯を食べろと言われたら?ちょっと無理ですが、テーブルの一角にあるととても華があると思います。

味付けもお好みで何でもありだと思います。無理に全部に同じドレッシングを使わなくてもそれぞれに合ったドレッシングを使っても良いと思います。その際は小皿か何かに取り分けても有りですね。

だったら最初から別々でも?と思うのですが、これが一皿に盛ってあるので絵になると思います。って事で信号機サラダでした


無理やりサラダ

無理やりサラダ

本当にキュウリ半分トマト3個

キュウリとトマト

これにコーンですが、上にも書いた通り

あえて(意図して)和えません?

キュウリとトマトは軽く和えて

コーンは横に置いただけなのですが

色的にとてもきれいです

無理やりサラダ

サンマの季節 個人的に刺身が好き! こんなに小さいのに脂がのってる

好きですサンマの刺身

新サンマや生のイクラがスーパーに並ぶと「1年経つの早いな」と思うのですが、今年もやってきて今日はさんまの刺身。可愛い!?小さすぎてどうしようかと思いましたが、158円、、買いました。塩焼きにするとイワシの大きいのと変わらないくらい?がメザシと変わらないくらい細い?結果的に刺身にすることにしました。おろしていて思ったのが「脂がある」食べてみてびっくり「歯ごたえが有って脂がのってる」です。ただ一つ失敗というか後悔したのが、あまりの小ささにテンションが下がり包丁も研がずに(去年のさんまの刺身以来)作ったので身がボロボロになってしまいました。ちょっと研げばOKなのに失敗です。158円 あまりのスタイルの良さ、可愛さに、、、

※スーパーで「このサンマは刺身で大丈夫?」と聞くと「塩焼きにして下さい」と言うと思います。鮮度の問題ではなく、菌の問題等が有るためです。サンマの刺身は私が個人的に好きで食べているものです。ただ、昔も今も普通にお寿司屋さんなんかでは出しているところは出してます。今はあまり見かけませんが、刺身用のさんまと書いて値段が高いものもありました。これは輸送する際に傷がつかないように配慮しているからだと魚屋のおじさんが言っておりました( ´艸`)本当かどうかは?ですが。で、今日の肴。




サンマ

ここでさんまのおろし方を

長々と書いてもしょうがないと思いますので、

開いて中骨を抜いて

皮を取って(これは去年の画像)

皮をひく

包丁を斜めに入れて(これは去年の画像)


完成ですが、今回はボロボロです、、

今度は包丁を研いで、、、、

その頃のサンマは大きくなってるかも

( ´艸`)

なかなか脂がのっていて旨かったです

この大きさからは不思議なくらいです。

薬味はネギとニンニクが好きです。

サンマの刺身

本当はこんな感じになるはず(去年)

サンマの刺身

魚肉サラダとキュウリと竹輪

竹輪 魚肉ソーセージ

これは特に火を使うこともなく簡単にできる小皿です。これ自体が肴になるかどうかは微妙ですが、他の肴、おかずの合間にちょっと箸をつける感じと考えれば意外に美味しい小皿になると思います。キュウリと魚肉ソーセージか竹輪の中にキュウリや明太子を入れる等のどちらかは有ると思うのですが、少量ですが両方を少し皿に盛ると何となく「肴」っぽく見えるような気がします

 

魚肉サラダとキュウリと竹輪

竹輪とキュウリの酒の肴

竹輪にキュウリ挿入です

竹輪とキュウリ

こちらはキュウリ輪切りで魚肉ソーセージも輪切り

キュウリと魚肉ソーセージ

で、終わると思ったら冷蔵庫に前回使った葉っぱ発見

一緒に和えました。半端な葉っぱの有効活用!

サラダ

先ほどの竹輪を切って盛り付け完成

サラダ完成